◆PTSDの原因と根本的な克服法とは-心的外傷後ストレス障害を乗り越える

【全国対応!パソコン・スマートフォンでのオンラインカウンセリング可】

はじめに-トラウマを抱えたあなたへ

 

心理カウンセラー・南ユウタのホームページへ、ようこそおいでくださいました。

 

あなたは、今、どんな生きづらさを抱えていらっしゃるのでしょうか?

なにをしても気分が上がらない、そんな自分に焦りや不安を感じていても

なかなか人には言えないのかもしれません。

 

または、死にたいほど辛いきもちを抱えておいでかもしれませんね。

 

 

あなたは、もう十分過ぎるほど、がんばってきたのではないでしょうか?

 

だからこそ、今こうして、

僕の文章を読んでくださっているのではないでしょうか?

 

 

実は、僕自身も、過去にさまざまなことを体験し、

それがトラウマ(心の傷)になって10年近くも苦しんでいました。

 

 

僕の母も、昔、長年アダルトチルドレン状態や「うつ病」に苦しんでいました。

 

 

そんな母のそばにずっといたことで、

お互いにたくさん傷つけ、傷つけ合いました。

 

そんな苦しみを抱えた人をひとりでも減らしたい・・・

そんな想いも、カウンセラーを続けている原動力のひとつです。

 

 

だから、あなたも、もう、ひとりで抱え込まないでほしいのです。

 

 

心の傷や痛みを抱えた方が、なかなか他人に頼れないことを、

僕はカウンセラーとしても、ひとりの人間としても、

よく理解しているつもりです。

 

 

そこには、きっと、たくさんの気もちがあることでしょうね・・・。

 

 

だからこそ、

「もう、がんばらないでいいんですよ」なんて、

「自分を赦してあげていいんですよ」なんて、

 

 

僕は押し付ける気にはなれないし、

そもそもそれが出来たら苦しまないとも思いますし、

すぐには無理ですよね・・・。

 

こちらでは、あなたのペースで取り組めば、

「トラウマ」の克服は可能なこと、

特徴とよくある原因、そして解決策についてお伝えしています。

 

 

きっと、いろんな思いを抱えながら読み進めてくださるのでしょうね。

 

 

少しでもお力になれるなら、僕はとてもうれしく思いますし、

あなたへの最大限の敬意と、人としての愛を胸に、全力でサポート致します!

もしよろしければ、最後までお読みください。

 

「トラウマ・PTSD」の影響で自己肯定感が低くなる

 

トラウマとは、カンタンに言えば「心の傷」のことです。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、そうした状態の方につく診断名です。

 

 

まずは、ご自分がほんとうに「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」の特徴に当てはまるのか、チェックしてみましょう。

 

✅ 過去のトラウマから抜け出せない

✅ 幼いころ、強い精神的ストレスを経験した

✅ 親や教師などからひどい言葉で繰り返し罵られた

✅ いじめや無視、嫌がらせなどを受けたことが心の傷になっている

✅ 地震や災害、殺人事件などのニュースを見ると苦しくなる

✅ 信頼していた人に裏切られたことがトラウマになっている

✅ PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断された

✅ パートナーからのモラハラ、身体的・心理的な暴力を受けた

✅ 親から虐待を受けていた

✅ 親や教師などの大人から暴力や体罰を受けていた

 

PTSD(心的外傷後ストレス障害)のよくある特徴のチェックリストに当てはまる方は、カウンセリングを受けることで改善・克服していけます。

 

 

ここに当てはまったあなたは、

もしかして、以下のような特徴もありませんか?

 

✅ 頼まれごとにノーが言えない

✅    人から自分の意見や感情を求められても困ってしまう。

✅ 他人の顔色が気になって仕方がない。

✅ 人から認められたい気もちが強い。

✅ 他人の世話ばかりしてしまう。 

✅ 相手を怒らせないか、嫌われないかと常にビクビクしている。

✅ 自分に自信がもてない。 

✅ 何をしても心が満たされない。

✅ 感情がマヒしている気がする。 

✅ 自分の気もちを率直に表現するのが苦手。

✅ 他人にどう思われるかとても気になる

✅ すぐに自分と他人を比べてしまう

✅ 人から認めてほしい気もちが強いと思う

✅ しんどくても他人に言えない。

✅ 人に相談事を打ち明けても途中で茶化して終えてしまう。

✅ 人と仲が深まると強い不安に襲われる

✅ まじめで責任感が強い

✅ 自分や他人に完璧を求めてしまう。

✅ 他人にはやさしいが、自分には厳しい方だ。

✅ 「手を抜く」感覚がわからず、つい限界まで頑張りすぎてしまう。

 

いかがでしたか?

 

「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」は、現在、病院などでもお薬を中心とした治療がよく行われています。

 

でも、それだけでは根本的な解決には至らないこともよくあるのです。

 

その理由は、トラウマの影響で、

「自己肯定感の低さ」という心の問題が無意識レベルに隠れていることがあるからです。

 

「自己肯定感の低さ」の原因は、あなたの心の無意識レベルにあることがとても多いのです。

 

尼崎カウンセリング研究所のカウンセリングは、

トラウマ・PTSDに必要な対症療法も行いますが、

根本的な解決のためには「無意識レベルにある原因」にアプローチする必要があると考えております。

 

 

*ここまでのまとめ*

「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」には無意識レベルに

「自己肯定感の低さ」という原因があることも多い。

根本的な解決には無意識レベルにある原因にアプローチする必要がある。

 

トラウマ・PTSDを抱えた人が「自己肯定感」をもてない無意識レベルの原因とは?

 

 

「自己肯定感の低さ」の原因は、

子ども時代に無意識レベルで学んだことにあることが多いのです。

 

あなたの子ども時代は、どんなものでしたか?

 

無意識レベルにある原因が生まれる背景には、たとえば次のような体験があります。

 

✅ いつも他人や兄弟姉妹と比べられて育った。

✅ 100点満点を取らないといつも怒られた

✅ しんどい気もちを親に言えずに育った。

✅ 親が心配性で、過保護に育てられた。

✅ 「明るく元気なよい子」を演じてきた。

✅ 子どもの頃、家族の「ヒーロー(英雄)」役を演じていた。

✅ 子どもの頃、「親の愚痴聞き役」や「世話焼き役」をしてきた。

✅ 子どもらしい素直な気もちを表現すると怒られた。

✅ 養育者から繰り返し侮辱されたり、軽蔑のまなざしを感じて育った。

 

いかがでしょうか?

 

こうしたトラウマ体験をすると、

人間が本能的に満たしたいと願う「5つの欲求」が

満たされなくなりがちなのです。

 

 

5つの欲求とは

 

①《愛してほしい・理解してほしい・守ってもらいたい》・・・愛の欲求

②《気もちを素直に表現したい・思いを伝えたい》・・・自己表現の欲求

③《のびのびと生きたい・遊びたい・自由でいたい》・・・自由の欲求

④《独立した存在として尊重してほしい・自律心を大切にしたい》・・・自律の欲求

⑤《「できる自分」になりたい》・・・有能さの欲求

 

 

これら5つの欲求が、

子ども時代に満たされなかったり、

繰り返し失望させられたりすると、

 

怒りや悲しみなどの感情が、

心の無意識レベルにとどまり、

 

「満たされなさ」や「モヤモヤ感」として残るようになります。

 

 

こうした「満たされない欲求」や、

「ため込むしかなかった感情」が残ると

 

自分を守るために

子どもの心の無意識レベルで、

 

【がんばらなければならない】

【前向きな自分でなければならない】

【いつも笑顔で元気な自分でいなければならない】

 

といった【信念】が定着していきます。

 

 

*ここまでのまとめ*

5つの欲求が満たされないトラウマ体験をすると、

「満たされない欲求」や、「ため込むしかなかった感情」が残り、

生きづらさの元になる【信念】が生まれる。

 

 

これらの【信念】は、もともとはあなたを守るためのものなのですが、

そのまま成長すると、生きづらさの元になるのです。

 

 

たとえば、 

 人を心から信頼できなくなったり、

誉め言葉を受け取れなくなったり、

弱い自分をさらけ出せずに、いつもがんばってしまう自分になるのです。

 

 

その【信念】の背後には、【怖れ】があります。

 

【つねにがんばらなければ認められない】

【前向きな自分でなければ見放される】

【笑顔で元気な自分以外は嫌われる】

 

こうした【信念】と【怖れ】があると、

 

【元気な自分】なら認められる

【前向きな自分】なら認められる

【がんばる自分】なら認められる

 

といったように、

自分自身に「条件付きのOK」しか出せなくなるのも無理はありません。

 

 

【信念】は、

元々はあなたを守るためだったのに、

気づいたら、あなたが「あなた自身」を

追い詰めてしまっているのですね。

 

 

自分で自分を否定する

「自己否定」になってしまっていると思いませんか?

 

 

自己肯定感のある人は、

【無条件に自分を愛する】感覚があります。

 

 

一方、自己肯定感の低い「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」を抱えた人の無意識レベルには、

【がんばらなければ自分に価値などない。だからきっと見放される】といった

自己否定的な【信念】と【怖れ】があるのです。

 

*ここまでのまとめ*

無意識レベルに【信念】や【怖れ】があると

自己肯定感が低くなり、「トラウマ・PTSD」が改善・克服できない原因になる。

 

「トラウマ・PTSD」の根っこにある自己肯定感の低さを改善する方法とは

 

 

「トラウマ・PTSD(心的外傷後ストレス障害)」を克服し、

これからの人生を生き生きとしたものにするには、

 

幼い頃はあなたを守ってくれた【信念】と【怖れ】には感謝しつつ、

あなたのペースで、ゆっくりと、手放していく必要があります。

 

それこそが、「トラウマ・PTSD」の根本にある自己肯定感の問題を解決する方法なのです。

 

尼崎カウンセリング研究所のカウンセリングでは、

無意識レベルにある原因を特定し、根本的なトラウマ・PTSDの克服に取り組んでおります。

 

無意識レベルにある【信念】と【怖れ】を、やさしく手放す手法です。

その場限りの効果しかない対症療法ではありません。

 

この方法は、一人で取り組んでも、なかなかうまくいきません。

原因が無意識レベルにあるからです。

 

【思考】や【意思の力】は、意識レベルにしか届かないので、

無意識レベルにある原因にまでアプローチできないのです。

 

知識は必要ありません。自分の気もちを話すのが苦手でも全く問題ありません。

どんなあなたでも構いません。

専門家として、あなたが、自分自身を、やさしく解放していくサポートを致します。

 

「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」でお困りの方は、ぜひ一度尼崎カウンセリング研究所へお越しください。

 

*ここまでのまとめ*

「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」の根本的な克服には、

無意識レベルにアプローチする必要がある。

トラウマでできた【信念】や【怖れ】を手放して

自己肯定感を高める必要がある。

【思考】や【意志の力】には限界がある。

 


 

カウンセリングの効果をもっと多くの方に実感していただきたい、

カウンセリングで生きづらさや症状が解消されることを知ってほしい・・・

そんな想いを込めて、

毎月3名様に限り、体験カウンセリングを募集致しております。

※オンライン・対面共に、カウンセリング料金は同額です。

カウンセリング料金(単発・コース制)の詳細は、ページ下部に記載しております。

 

カウンセリングを受けることに不安がある。

あるいは、自分の悩みはカウンセリングで改善されるのだろうか

といった疑問をお持ちの方は、まずは初回体験カウンセリングを受けてみてください。

 

↓ご予約はこちらから

2021年・・・満席

2022年

   1月・・・満席

   2月・・・満席

   3月・・・満席

   おかげさまで多くの方にお問い合わせ・ご予約頂いております。

ご検討なさっている方は、この機会にお早めにお申込みください。(完全予約制です)

 

*会話がむずかしいほどの不調が出ている方や、

 病院での診断・治療が必要な方は、

 まずは精神科や心療内科を受診してください。

 

【体験カウンセリングの流れ】

①あなたの悩みをじっくりお聴きします。

一切否定されることとなく誰かに気持ちを話すだけでも心は癒されていきます。 

これだけでも気持ちの整理がついてくることも多いです。

 

②その上で、あなたの悩みに適したカウンセリングの方針をわかりやすくお伝えします。

●今のあなたにまず何が必要なのか。

●そのためにどんなことをしたら良いのか。

●その次に必要なことは何か。

こういった大まかな方針・道筋を示していきます。

 

深い生きづらさや悩みの多くが、

●どこから手をつけていいのかわからない

●どういう方向に進んでいけばいいのかわからない

こうした迷いから来る混乱状態なのです。 

 

ですので、安全な場所で気持ちを少しでも吐き出したり、

方向性が見えたりしてくると、 

自然に混乱状態が落ち着いてきて、希望が見えてくるのです。 

 

*どんなふうに話していいか戸惑っている方もご安心ください。

上手に話す必要はまったくありません。今のあなたのままでいいのです。

 

心理カウンセリングのメニューと料金

🌱ご確認事項及びキャンセルポリシー・コース制のご案内は、

こちらのページをご確認ください。


【通常料金:単発】(心理療法)

心理カウンセリング1回45分 35,000円

※税込


【毎月3名様限定】(心理療法)

体験カウンセリング初回45分   6,000円

※税込


※オンライン・対面共に、カウンセリング料金は同額です。

 

カウンセリングを初めて受ける方にとっては、

・カウンセリングを受けること自体がなんだか不安

・自分の悩みはカウンセリングで改善されるのだろうか…

・カウンセリングがどんなことをする場なのか不安

・こんな悩みでも相談してよいのだろうかといった不安

 

などといった不安がつきものです。

 

カウンセラーは、どんなに深刻な悩みや秘密にせざるを得ないこともたくさん聞いているプロです。

ご本人の許可なく外部へ一切漏らしてはならないという守秘義務もありますから、どうぞご遠慮なく何でもお話ください。

話がまとまっていなくても構いません。あなたに合ったカウンセリング手法をご提供します。

 

🌱スカイプ・ZOOMのビデオ通話、ライン電話・固定電話・携帯の通話でのオンラインカウンセリングも行っております。

ご希望の方は、お電話でのご予約の際にお伝えいただくか、ご予約フォームより「電話カウンセリング」「ビデオ通話カウンセリング」を選択してお申し込みください。

また、その際に「スカイプ希望します」等のご希望をお知らせいただきますとご予約がスムーズに進みます。

 

↓ご予約はこちらから

*会話がむずかしいほどの不調が出ている方や、

病院での診断・治療が必要な方は、まずは精神科や心療内科を受診してください。

 

尼崎カウンセリング研究所(所長:南ユウタ)の特徴

①どんなお話でも、一切否定せずにお聴きします。

カウンセラーは、どんなに深刻な悩みや秘密にせざるを得ないこともたくさん聞いているプロです。

外部へ一切漏らしてはならないという「守秘義務」もありますから、どうぞご遠慮なく何でもお話ください。

 

②複数の心理療法の技法を扱い、ベストな改善策をご提供できます。

いろいろなタイプのご相談に合わせて、最適な技法を用いることで、改善のスピードが上がります。

 

③アメリカ発・最新の心理療法も多数取り入れた独自のメソッドで、あなたをサポートします。

従来の心理療法ではよくならなかった方も、この最新の方法なら改善・克服もまったく夢ではなくなりました。関西で受けられるのはここだけです。

癒されるだけでなく、心が安定し、立ち直りが速まり、傷つきにくい心が手に入ります。

ただ単に癒されるだけでは、また悩みや生きづらさは繰り返されてしまいます。

 

④悩みの根っこに素早くアプローチし「負のサイクル」から抜け出すことを最優先します。

「話を聴くだけ」では悩みは解決しません。

悩みの根っこを特定し、最優先で負のサイクルから抜け出すことで、心の余裕がそれだけ速く出てきて、改善スピードも上がります。

 

⑤自分の感情をコントロールできるスキルが身につきます。

これにより、ネガティブ思考やストレス、トラウマなどに振り回されないようにれます。

不安やイライラと上手に付き合えるようになり、自然とおだやかな心の状態が訪れるようになります。

 

⑥自分も相手も尊重したコミュニケーションのスキルが身につきます。

自分の気もちや意見を上手に伝えられるようになったり、効果的な言葉の用い方が身につくことで、対人関係が改善します。

 

⑦自分を犠牲にし過ぎたり、振り回されないための「人付き合い」のスキルが身につきます。

複雑な人間関係を柔軟に、したたかに生き抜く「人付き合いスキル」が育まれます。

 

⑧悩みや、愛着の問題(愛着障害)にも対応できます。

「心のきずな作り」=「愛着」を重視した最新カウンセリングも実施していますので、親子関係の悩みや、お子様の問題(不登校やいじめ)、また最近注目されている「愛着障害」にも対応できます。

 

⑨「ポジティブな感情」をふくらませることに注目したカウンセリングだからこそ「ネガティブ思考」や「不安症」にも最適です。

気分が落ち込んだときに、ポジティブな「考え方」よりも、まずは「ポジティブな気もち」をふくらませる技術をお伝えしています。

これが有るか無いかで、気分を改善する効果は断然違ってきます。

 

話がまとまっていなくても全然構いません。

どんな内容でもご自由にお話しください。

あなたに合った手法をご提供します。

 

最新のカウンセリング手法から、従来の効果的と認められた手法を、あなたの悩みに合わせて柔軟に用いるので、短期間で改善していきます。

感性が豊かな方、理屈でわかったうえで進みたい方、どんな方でもピッタリの手法が見つかります。

相手との適切な関係を保ち、自分も大切にできるコミュニケーション・スキルが身につけられます。

 

↓ご予約はこちらから

 

尼崎カウンセリング研究所(所長:南ユウタ)のお約束

  • ホームページ内『料金・ご予約』ページに記載されている料金以外は、一切費用はかかりません
  • 当カウンセリング研究所は宗教団体と一切関連がありません
  • レンタルルーム併設のため、カウンセリングに来られていることを第三者に知られることはありません
  • お試しカウンセリングを受けられた方に、次の予約を強制することは一切しておりません
  • 依存ではなく、自立できるようになるためにご相談者に対してカウンセリングを行います
  • 守秘義務があるため、カウンセリングで話された内容は、ご相談者の同意なしに外部に洩らしません

 

お電話でのご予約は 080-3831-3548

「心理カウンセリング(心理療法)を予約したい」とお伝えください。

(最近特に西宮・三宮・宝塚・芦屋や大阪・東京からお申込していただく方が増えております)

 

カウンセリングが気になる、でも不安・・・という方は、まずはお問い合わせください。

 

※お問い合わせの際に、継続的な心理カウンセリングの必要性があると思われる、

具体的なご相談にはお答えできない場合がありますが、それは正式なカウンセリング契約をしないままに心理療法行為を行うと、かえってあなたを傷つけてしまうことも考えられるからですので、ご理解のほどよろしくお願い致します。

アクセス

  • 尼崎カウンセリング研究所
  • 大阪府豊中市庄内東町6丁目16-18

 

 

もしよろしければ、より詳しいカウンセラーのプロフィールページもご覧ください。

カウンセラーとしての想いや理念、生い立ちについても詳しくご覧いただけます。 

 

ご予約フォーム

【お知らせ】

対面カウンセリングは一時休止中です。

詳細はこちらのページをご確認ください。

 

※1 お申込み前に、必ずこちらのページ内【ご確認事項とキャンセル規定】をご確認ください。

※2 お申込み後3営業日以内にこちらからの連絡がない方はこちらのページをご確認ください。

 

■営業時間:10:00〜21:00

■定休日:月曜日

基本的には、3営業日以内にお返事しております。

    は必須項目

    確認のためもう一度ご入力ください
    男性女性
    体験対面カウンセリング(一時休止中)6,000円/45分通常対面カウンセリング(一時休止中)3万5,000円/45分体験ビデオ通話カウンセリング(スカイプ又はZoom) 6,000円/45分通常ビデオ通話カウンセリング(スカイプ又はZoom) 3万5,000円/45分体験電話カウンセリング 6,000円/45分通常電話カウンセリング 3万5,000円/45分
    自分の感情がわからない他人の視線が気になるネガティブな自分を変えたい母と娘の関係に悩んでいる自分に自信がない他人に振り回されてしまう人前で緊張するちょっとしたことでイライラするやる気が起きないうつ病うつ気分が抜けない不安神経症人と会うだけでとても疲れてしまうアダルトチルドレンを克服したいトラウマを治したいすぐに落ち込んでしまう夫婦関係の悩み自分がないもっと充実した毎日を過ごしたい性格を変えたい不眠ネガティブ思考が止まらない対人恐怖症生きづらさを感じるストレスが身体症状に出ている無気力悩みがあり過ぎて何から話していいかわからないその他
    YouTube公式LINEInstagramグーグルで検索グーグル広告ヤフーで検索ヤフー広告Facebook広告紹介メルマガアメーバブログその他

     =============================

    尼崎カウンセリング研究所

    代表 南ユウタ

    尼崎市東園田町5-21-12

     

    尼崎カウンセリング研究所は、愛着障害・HSP・トラウマ・PTSD(心的外傷後ストレス障害)、うつ病やアダルトチルドレン、対人恐怖症やパニック障害、社交不安症、不登校などのご相談が多いカウンセリングの専門機関です。

    尼崎市・宝塚市・豊中市・神戸市などからもご利用いただいております。

    尼崎・大阪・神戸周辺でトラウマ・PTSD(心的外傷後ストレス障害)改善・克服のカウンセリングの専門機関をお探しなら、兵庫県尼崎市の尼崎カウンセリング研究所へご相談ください。

    また、オンラインカウンセリングでは、東京都・神奈川県・広島県・奈良県・長野県などの全国からご利用いただいております。