「これからも私のそばでいつもいて私を守ってもらえるように 大切にしていきたいと思えました。」AYさんの回復体験記【第6弾】

 

AC・HSP・愛着障害

~人の目が気になり

「評価」にふり回されて

自分が出せないあなたへ~

「いいね軸」から「いのち軸」へ!

速く・深く・永く「自然治癒力」を引き出し

「真の自己肯定感」を育む

「いのち軸カウンセリング」

==================

「これからも私のそばでいつもいて

私を守ってもらえるように

大切にしていきたいと思えました。」

AYさんの回復体験記【第6弾】

==================

==================

【お知らせ:公式LINE始めました!】

尼崎カウンセリング研究所

所長:心理カウンセラー・南ユウタの公式LINE

 

↓こちらから友達追加して頂くとご覧になれます↓

友だち追加

ID検索での友達追加も可能です!

→(@suf4622z)@もお忘れなく!

 

今日のオススメ動画はこちらをクリック↓↓

=================

「いのち軸」で自己肯定感を育む

心理カウンセラー・南ユウタです。

 

今回も

僕のカウンセリング12回コースを

卒業されたAYさんの回復体験記

【第6弾】です!

 

今回も【コメント】を挟んでいます。

 

 

7回目

南さん、こんにちは^_^

AYです(^^)

昨日はありがとうございました。

 

①今回のカウンセリングは、

あなたにとってどんな体験でしたか?ふりかえってみて下さいね!(^^)!

*もしも、大切な気づきや変化があった場合、それを日常生活でどんな風に実践すればいいと思いますか?

 

 

今回の体験は母に向かって

私の感情を出そうとすると

「無になる自分」が現れて

何も感じてない私が突然出てきて自分でも驚きました。

 

何も思ってないみたいに瞬間的に無になり

感情がなくなってしまったのです。

 

こうやって私の感情を

これ以上キズつかないように

ずっと守ってくれてたのかって思いました。

 

これは今まで

ずっと友達や主人や子供にもやってきてたことでした。

 

 

②今回のカウンセリングでは、どんなことをしましたか?

どんな風な気もちの動きがありましたか?

 

「無になる自分さん」に感謝を伝える。

私は無になる事で

今までたくさんの事を守ってもらえてた事に

気がつきました。

 

理不尽な母からの言動に

ずっと守ってもらえてたんだと思いました。

そう思うと感謝でいっぱいになりました。

 

南さんにこれからも

お母さんから守ってもらうのに

出てきてもらえるようにと話して頂けて

安心できたように思いました。

 

 

【コメント:ここで出てくる

AYさん「無になる自分」さんは、

おそらく心理学で

弱めの「解離」と呼ばれる「防衛」です。

 

解離は、

感情や人格を遮断する防衛です。

 

「解離」は

とっても心理的に不健康な人だけが

なるものではなく、

「微弱」から「強過ぎる」ものまで

レベルにばらつきがあります。

 

「抑圧」と似ていますが、

「解離」は切り離し、

「抑圧」は抑え込みです。

 

ただし、見分けがつかない場合もあるように思います。

 

いずれにせよ、僕はその場合も

①「防衛の存在に気づけるかどうか」

②「防衛を客観的に見れて名付けられるかどうか」

③「防衛を肯定できるかどうか」

といったことを念頭に置きます。

 

AYさんも「無になる自分さん」という風に

「自分」と「無になる自分さん」の

2つに区別してとらえることができたので

③の「防衛の肯定」のためのワークを

僕のリードで促したのを覚えています。】

 

 

③今回のカウンセリングで、他になにか感じたことや、

カウンセラーに対するご意見やリクエストなどはありますか?

 

 

昨日より今日の方が、

無になる自分に

感謝の気持ちが強くでてきているので、

しばらくこの気持ちと向き合ってみようと思います。

 

今日はなぜなのか涙がとまりません。

このまま感じてみようと思います。

 

そして、

無になる自分を終わりにするのではなく

これからも私のそばでいつもいて

私を守ってもらえるように大切にしていきたいと思えました。

 

このまま出てくる感情を

そのまま受け止めていきたいと思います。

 

 

【コメント:

AYさんが

①「防衛」に気づき、

②「防衛」に名前を付け(「バリア」や「無になる自分さん」など)、

③「防衛」を肯定的に見られるようになってきている

という点に注目してみてください。

 

また、

①「感情」をに気づき、

②「感情」を「感じてみよう」としていて

③「感情」を「そのまま受け止めていきたい」と

思えるようになってきている

という点にも注目してみてください。

 

最初のころのアンケートと

様子が変わってきていますよね。

 

これは、AYさんだけに起こることではなく、

「自己受容」のひとつのカタチですので、

ぜひ覚えておいてほしいと思います。】

 

 

さあ、だんだんと

自己受容的になっていくAYさん、

この後は、どんな風に変化されていくのでしょうか?

 

お楽しみに!

 

 

南ユウタ

 

 

AYさんのアンケート記事はこちら↓

【第1弾】「バリアを取る怖さ」AYさんのご感想とコメント

記事はこちら→https://wp.me/p9tVDm-3Yn

 

【第2弾】「親との同一化」に気づこう!AYさんの回復と成長の旅

記事はこちら→https://wp.me/p9tVDm-3Yz

 

【第3弾】「私を認めてあげたい」AYさんの回復体験記

記事はこちら→https://wp.me/p9tVDm-3YV

 

【第4弾】「ずっと私を守ってくれてたバリアの私に、感謝の気持ちでいっぱいになりました」AYさんの回復体験記

記事はこちら→https://wp.me/p9tVDm-3Z6

 

【第5弾】「本当は悲しい私に気がついてほしい気持ちが残ったままになってる」AYさんの回復体験記

記事はこちら→https://wp.me/p9tVDm-3Zg

 

もしよろしければ、より詳しいカウンセラーのプロフィールページもご覧ください。

カウンセラーとしての想いや理念、生い立ちについても詳しくご覧いただけます。 

HSPやアダルトチルドレンの改善・克服なら、ぜひ一度、園田・塚口・尼崎・武庫之荘など尼崎周辺地域からのご相談の多い尼崎カウンセリング研究所へご相談ください。

(スカイプ・ZOOMでの、ビデオ通話カウンセリングも可能です)

 

尼崎カウンセリング研究所は、HSPやアダルトチルドレンなどのご相談が多いカウンセリングの専門機関です。

尼崎市・豊中市・神戸市・西宮市・芦屋市・宝塚市などからもご利用いただいております。

尼崎・神戸・大阪周辺でHSPやアダルトチルドレンなどの改善・克服のカウンセリングの専門機関をお探しなら、

兵庫県尼崎市の尼崎カウンセリング研究所へご相談ください。