「本当は悲しい私に気がついてほしい気持ちが残ったままになってる」AYさんの回復体験記【第5弾】

AC・HSP・愛着障害

~人の目が気になり

「評価」にふり回されて

自分が出せないあなたへ~

「いいね軸」から「いのち軸」へ!

速く・深く・永く「自然治癒力」を引き出し

「真の自己肯定感」を育む

「いのち軸カウンセリング」

==================

「本当は悲しい私に気がついてほしい

気持ちが残ったままになってる。」

AYさんの回復体験記【第5弾】

==================

==================

【お知らせ:公式LINE始めました!】

尼崎カウンセリング研究所

所長:心理カウンセラー・南ユウタの公式LINE

 

↓こちらから友達追加して頂くとご覧になれます↓

友だち追加

ID検索での友達追加も可能です!

→(@suf4622z)※@もお忘れなく!

 

今日のオススメ動画はこちらをクリック

=================

「いのち軸」で自己肯定感を育む

心理カウンセラー・南ユウタです。

 

今回も

僕のカウンセリング12回コースを

卒業されたAYさんの回復体験記

【第5弾】です!

 

今回も【コメント】を挟んでいます。

(※アンケートは「6回」となっているのは

1回目のアンケートを取り忘れていたため

実質2回目のアンケート=【第1弾】扱いになって

ひとつズレているからです。)

 

 

6回目

AYです。

 

①今回のカウンセリングは、

あなたにとってどんな体験でしたか?ふりかえってみて下さいね!(^^)!

*もしも、大切な気づきや変化があった場合、それを日常生活でどんな風に実践すればい

いと思いますか?

 

 

病気になった役立たずの私は

受け入れてもらえない不安が

私の中にいつもあって、

不安な気持ちと向き合ってみる。

どんな思いがあるのかを言葉にだして感じてみた。

 

 

【コメント:前回の第4弾のテーマを扱ったんですね。】

 

 

②今回のカウンセリングでは、

どんなことをしましたか?

どんな風な気もちの動きがありましたか?

 

 

お母さんに受け入れてもらえない感情が出てきました。

条件付きの愛情でしか

私はお母さんからは愛されないと思っていたようです。

 

4歳の私が

親の夫婦げんかを見たり聞いたりして

 

悲しくてつらいのに

そんな素振りはみせず

 

笑顔を見せることで家族の雰囲気を和まそうとしてる私がいました。

本当は悲しい私に気がついてほしい気持ちが

残ったままになってる。

 

その時の自分に話しかけて

その時の感情を感じてみる。

しばらくすると心が晴れた気持ちに変わり

自分でも不思議でした。

 

 

【コメント:この回でAYさんが取り組んだのは、

自分の子供時代の記憶のイメージ=インナーチャイルドに

話しかける、ACや愛着障害のセラピーでは

よく用いられるパワフルな技法です。

 

ほんとうは辛い、悲しいのに

親の前ではそれを見せられないまま

大きくなってしまうと、

心の底に当時の感情や欲求が

消化されきらずに残りがちです。

 

これを僕は「未解決の感情」と

呼んでいるわけですね。

 

未解決の感情を避けずに

しっかり、じっくりと「感じ切る」と、

 

AYさんのように

「しばらくすると心が晴れた気もちに変わり

自分でも不思議」な体験をする人がとても多いです

これがいつも「生きづらさの解決策」として

ご紹介している

「未解決の感情」を「解放&受容」するってことです。】

 

 

③今回のカウンセリングで、他になにか感じたことや、

カウンセラーに対するご意見やリクエストなどはありますか?

 

 

すっかり疲れて帰宅したのですが

帰ってからこのアンケートを

なかなか書けない私がいました。

 

振り返りたくないと言う気持ちなのかわかりませんが、

晴れた気持ちで帰ってきたのは確かなのに

 

見つめなおす時間を作ろうとなかなかせず

振り返りたくない私がここにいます。

まだ受け入れられてないからなのでしょうか。

 

 

【コメント:カウンセリングでは、

生きづらさの「核心」に迫るときに

一時的に「停滞期」が来ることもあります。

 

この時にやめてしまう人、

逃げてしまう人もいますし、

AYさんのように挑む人もいます。

 

どちらも、僕が決めることではないので

やめてしまう人は残念だなと思いながらも

去る者は追わず来る者は拒まずの精神で

見守っています。

 

AYさんは、停滞期というか、

「振り返りたくない私」を正直に素直に

カウンセラーである僕に伝えて下さったので

僕もAYさんの気もちが理解できて、

サポートの軌道修正もしやすくなったのを

覚えています。

 

やはり、カウンセリングというのは

カウンセラーだけがんばっても絶対ダメです。

それだと「不健全な依存」で終わり、

最終的にその人のためになりません。

「カウンセリングは二人三脚」です。】

 

 

さて、

「振り返りたくない私」が出てきて、

その後AYさんはどう変化されていくのでしょうか?

 

次回もお楽しみに!

 

 

南ユウタ

 

↓AYさんのアンケート記事はこちら↓

【第1弾】「バリアを取る怖さ」AYさんのご感想とコメント

記事はこちら→https://wp.me/p9tVDm-3Yn

 

【第2弾】「親との同一化」に気づこう!AYさんの回復と成長の旅

記事はこちら→https://wp.me/p9tVDm-3Yz

 

【第3弾】「私を認めてあげたい」AYさんの回復体験記

記事はこちら→https://wp.me/p9tVDm-3YV

 

【第4弾】「ずっと私を守ってくれてたバリアの私に、感謝の気持ちでいっぱいになりました」AYさんの回復体験記

記事はこちら→https://wp.me/p9tVDm-3Z6

 

もしよろしければ、より詳しいカウンセラーのプロフィールページもご覧ください。

カウンセラーとしての想いや理念、生い立ちについても詳しくご覧いただけます。 

HSPやアダルトチルドレンの改善・克服なら、ぜひ一度、尼崎・園田・武庫之荘・塚口など尼崎周辺地域からのご相談の多い尼崎カウンセリング研究所へご相談ください。

(スカイプ・ZOOMでの、ビデオ通話カウンセリングも可能です)

 

尼崎カウンセリング研究所は、HSPやアダルトチルドレンなどのご相談が多いカウンセリングの専門機関です。

豊中市・芦屋市・西宮市・宝塚市・尼崎市・神戸市などからもご利用いただいております。

尼崎・神戸・大阪周辺でHSPやアダルトチルドレンなどの改善・克服のカウンセリングの専門機関をお探しなら

兵庫県尼崎市の尼崎カウンセリング研究所へご相談ください。