対人恐怖

主体的に生きるということ

今日は、 「主体的に生きる」ということについて、 お話したいと思います。 多くの方とカウンセリングをしていて 感じることがあります。 それは、 「主体的ではないな」 ということです。 (非難しているわけじゃないですよ~!) 言い換えると、「受動的だな」ということです。 と言っても、これは 人それぞれ「事情」があるわけですし、 僕も偉そうなことは全然言えません。(汗) 僕自身も受動的な部分はいっぱい あったと思うし、今でもたまに顔を出します。 人様にお説教を垂れるような、 すごく主体的な人間かというと、 そんなに自信はないです。(笑) ただ、ある程度の主体性を発揮すること 少なくとも「主体的に生きようとすること」が、 生きづらさから脱出する すごく大事なポイントだな、とも やはり思っています。 なので、その辺をお…

詳細はこちら

競争社会と心の病

競争社会と心の病   カウンセリングをしていると、 社会の雰囲気や価値観が その人の生きづらさに 大きな影響があるなあと実感します。     たとえば、 多くのクライエントさんが 「比べ癖」をもっています。     自分と他人を比べて、 ダメなところが目につき 「自分はダメだ」と感じる癖です。     そして、 馬鹿にされるのではないか? 変に思われるのではないか? などと不安になり、 身動きができなくなるのですね。     こうした人が大量生産されている背景に 僕は「競争社会」という社会のありようが 見える気がするのです。     多くの人が「勝ち組」になることが かっこいいこと、 よいことと思ってはいないでしょうか?     逆に言えば 「負け組」と見なされることを 過剰に怖れるように なっていないでしょう…

詳細はこちら

対人恐怖は「カウンセラーと相性が良い」だけで9割治る!!

「対人恐怖ってね、カウンセラーと人柄的な相性が良いだけで、9割治るようなものなんですよね~」   「えっ!ほんとうなんですか!?」   「ああ、いや、ほんとうに、僕と人柄的な意味で相性がよいなあと感じる方は、年齢に関係なく、すごく元気を取り戻される方が多いなあって、実感がすごいあるんですよ~」   「ほんとうですか、それ・・・!!」   こんな会話を、最近のカウンセリングの会話でしました。   これを読んで、あなたならどう思いますか?     対人恐怖をカンタンに説明すれば、 要するに人との関係での深いかかわり合いに 苦手意識や不安・恐怖を感じやすいということです。     「対人」ですから、「人からどう思われるか」がとっ…

詳細はこちら